水の硬度(軟水・硬水)

水の硬度(軟水・硬水)

「硬水」「軟水」という水の分類方法をよく耳にします。
ミネラルウォーターのペットボトルの成分表示を見ると、必ずカッコ書きで硬水か軟水かが表記されています。
硬水とはカルシウムやマグネシウムを多く含んでいる水のことで、軟水とは反対にそれらの成分が少ない水のことをいいます。
日本国内では、日常生活に使用されている水のほとんどは「軟水」でできています。
ヨーロッパ地方に海外旅行にいった日本人の多くが、旅先でお腹を壊します。
これは食習慣の違いだけでなく、口にする水の性質にも大きく関係しています。
ヨーロッパ地方で使われている水は日本と正反対の「硬水」質となっており、飲みなれない体質の日本人の多くがこれによってお腹の調子を乱してしまうのです。
ちなみに、日本で最も「硬水」に近い水でも、フランス国内で平均的に使われている水に比べれば硬度はほんの3分の1程度です。
硬水と軟水の違いは、飲んだ時の感覚のほかにも石けんの泡立ち具合からもわかります。
硬水は石けんが泡立ちにくく、普段軟水でたっぷり泡立つ入浴をしている日本人にとってその差は驚くほどのものです。
しかし、硬水は飲み続けることにより脳卒中や心筋梗塞など血流にかんする病状を防いでくれる働きがあると言われています。
世界的にみても硬水質の強めな地域に住む人は軟水質の地域に比べて脳卒中・心筋梗塞での死亡率が低くなっています。
しかしながら、飲水としては硬水よりも軟水の方が一般的においしいようです。